Goal 私たちの目指すこと

“Branding” ブランディングとは何か。ひと言にするなら「つなぐ」です。

ブランディングと聞いて想像するもの。
ある人は、美しくデザインされた社名ロゴを思い浮かべることでしょう。またある人は、理念をしっかり作らねばと、力説するかもしれません。

私たち「りえぞん」は、ブランディング=つなぐ行為、と考えます。企業と社会、社員と顧客、そして経営と現場の方々。
それぞれの立場と思いがうまくつながっていけば、企業はおのずと成長するはず。働く人も幸せになるはず。
そのために課題を見つけ、言語化し、解決策を生み出していく。その一連のプロセスこそブランディングだと、私たちは信じます。

「りえぞん」とは、フランス語で「つなぐ」こと。その社名に込めた志は、30年間、不変です。

Philosophy 経営理念

ボーダーレスなマインドで社会に驚きと変化を与える企業

ボーダレスのボーダーとは、境界線のこと。
業務、部署、取引先、業際、職務、国境などなど、仕事をしていると境界線はさまざまなジャンルに存在することを知ります。
私たちはこれら数多くの境界線が無いがごとく、軽やかに越境し、挑戦し、あるいはそれらをつないでいくことで、仕事を創り出す集団を目指します。

これまでの社会は、広告会社は広告の仕事、繊維メーカーは繊維の仕事、自動車会社はクルマを作るように、各業界にはそれぞれ明確な生業 (なりわい)という棲み分けがありました。しかしながら、もはやそんな垣根は存在せず、広告会社はコンサルから投資まで、繊維メーカーは化学企業に、自動車会社はICT企業と言っても差し支えなく、また多くの大企業は収益の大半を国を超えて海外で稼ぐ時代にあります。

私たちの仕事も、いまや広告会社だけが競合ではなく、目を上げてみればコンサルティングファーム、金融機関、ネット企業などこれまでは競合とも思っていない先と日々しのぎを削る状態に晒されています。このように徐々にだけれど、時代は確実に変化していて、昨日までの業際や棲み分け(ボーダー)に意味は無く、強いゲームチェンジャーが登場すれば1日でそのルールさえ変えられてしまうのです。

私たちも、いつまでも自分たちの得意分野や昨日まで収益を上げていた仕事に頼っていると、明日が同じ日であるとは限らず、気が付けば1人取り残されてしまうことがあり得るのです。ダーウィンの進化論を例に引くまでもなく、これまでのスタイルや、過去の成功体験だけにコダワリ過ぎることなく、社会の変化にしなやかに適応し、その変化した社会で求められるサービスやソリューションを提供しなければならないのです。

私たちの言う「ボーダレス」とは、変化に適応するための心構えである、固執し過ぎない、拘泥しない、分け隔てることなく柔軟に、ということを指します。
こうしたマインドを持てば、社会や自分に謙虚になり、変化を敏感に嗅ぎ取ることができるのです。そのマインドを持ち、これまで培ってきた強みに新しい技術や時代の空気感を積極的に取り込み、新しい価値やソリューションを提供していく。これこそが、私たちの目指すべき理念です。

私たちはまだまだ小さな存在かもしれないが、幸いなのは、大企業だから成功する、没落の危機には瀕しないという時代ではなく、規模の大小によらず知恵とスピードと強い意志で勝負できる、今を生きているということです。そして私たちは、変化を恐れず適応し、必要とあらば広告会社という枠にさえこだわることなく、ヒトモノ企業をつなぎ合わせ、あっと驚くようなイノベーションでこれまで無かった価値やソリューションを提供する、社会とクライアントにとって無くてはならない、ひとかどの企業を目指します。

Greeting 社長挨拶

「りえぞん」=リエゾン(仏:Liaison)というフランス語のこの言葉は、連結や連携、橋渡しを意味しています。
また、プロジェクトを構築し事業につなげるという意味もあります。
わたしたちりえぞん企画は、まさに「リエゾン・オフィス」の機能を目指し、1988年4月に丸紅の子会社として設立されました。

2006年には、飛躍のためのステップとして当時の幹部社員でMBOを実施。
その後も、時代の変化を企業の中に取り込み、自らが変わることで新たな目標に挑み続けてまいりました。
こうして培ってきた、強くしなやかな企業力こそ、わたしたちの最大の強みです。

消費者のライフスタイルが多様化し、社会の仕組みが大きく変わろうとしている今、わたしたちには従来のコミュニケーション分野の枠を広げること、飛び越えることが必要です。
皆様の企業活動とより密接に、さまざまなマーケティングプロセスをつなぐことを目指し、新たな可能性に挑戦してまいります。

代表取締役社長 今出 光