社内報コラム

【ウェビナー開催レポート】「すぐに使える!社内報リニューアルの標準プロセス解説」セミナー

【ウェビナー開催レポート】「すぐに使える!社内報リニューアルの標準プロセス解説」セミナー

2021年9月21日(火)に「すぐに使える!社内報リニューアルの標準プロセス解説」セミナーと題したウェビナーを開催しました。

リニューアルシート活用のススメ

今回は、社内報をリニューアルする際に、抜け漏れなく必要な情報やアイデアを考えたり、まとめたりできるようになっているりえぞん企画オリジナルの「リニューアルシート」を基に展開しました。

まずはリニューアルのためのに5つのプロセスを紹介しました。

そのプロセスとは「ゴール」「課題」「構想」「運用」「企画」です。セミナーでは、各プロセスごとに「リニューアルシート」に実際に記載する内容について、具体的な事例を示しながら、リニューアルに向けてアイデアをまとめていく方法をご紹介しました。

このリニューアルシートを埋めていくと、現在の課題やリニューアルによって目指す方向などが明らかになります。そして、このシートを活用することで、より具体的にリニューアルに向けたイメージや取り組むべきことが明確になるととともに、それらを関係者で共有し、実際の制作段階でも基準となる考え方として立ち返ることができるものになっています。

リニューアルに向けたスケジュール感

最後に、これらの「リニューアルシート」をもとに実際のリニューアルにかかるスケジュールについてご説明しました。

「ゴール」や「課題」の設定に1.5カ月程度、「構想」や「運用」に1.5カ月程度、「企画」の策定に1~3カ月程度のスケジュール感になります。全体では3カ月~半年ほどの期間を想定してリニューアルに向けた準備と制作を進めることが望ましいことをお伝えしました。

今回のセミナーでは、社内報をリニューアルしたいけれど何をどのように進めたら良いのかわからない、紙版とWeb版の情報のすみ分けを見直したいけれど良いアイデアが浮かばない、社内報をマンネリ化させないために新しいアイデアを考える方法が知りたい、社内報づくりを戦略的にしたいけれどどうすれば良いのかわからない…といったお悩みを解消する実践方法についてお伝えしました。

私たちりえぞん企画は「社内報とは企業に大きな利益をもたらし、価値を高め、貢献する事業です。
それに携わるみなさんの活動はきちんと評価されるべき!」と考えています。社内報の制作だけでなく、現状分析のサポート、経団連推薦社内報審査応募のサポートなども承っておりますので、お気軽にご相談ください。「無料社内報診断」も受付中です。
ぜひご活用ください。

社内報に関するご相談、問い合わせはこちらから

関連記事